中央区

中央区は、江戸以来、400年以上にわたって日本の文化・商業・情報の中心として発展してきた由緒あるまちです。1947年に日本橋区と京橋区が統合され、現在の中央区が誕生しました。面積はわずか約10km2ですが、美しい水辺の景観や全国的に有名な「銀座」「日本橋」「築地」「月島」など魅力的なスポットを擁する、「遊」「職」「住」の三拍子そろった活気と魅力にあふれる都心のまちです。

【市区役所所在地】 〒104-8404 中央区築地1-1-1 TEL:03-3543-0211
【公式ホームぺージURL】 https://www.city.chuo.lg.jp/

【総人口】 141,183人
【人口増減率(2005年/2010年)】 115.0%
【世帯数】 79,272世帯

【特産・名産物】 佃煮 人形焼 もんじゃ焼 酒種あんぱん 七味唐辛子 ほうじ茶
【主な祭り・行事】 大江戸まつり盆おどり大会 中央区観光商業まつり 中央区まるごとミュージアム 日本橋・京橋まつり(大江戸活粋パレード) 区民スポーツの日 中央区子どもフェスティバル 中央区健康福祉まつり 佃祭・住吉神社例祭 日本橋恵比寿講べったら市 人形町せともの市 銀座柳まつり 築地秋まつり
【出身著名人】 芥川龍之介 谷崎潤一郎 立原道造 長谷川時雨 岩下志麻 十朱幸代 泉ピン子 林家木久扇 宮本亜門 テリー伊藤 山岸舞彩 松木安太郎
【市区独自の取り組み】 地球温暖化対策事業「中央区の森」(東京近郊の山林等の保全活動を支援) 銀座地区における新たなまちづくりルール(建物等の高さ制限や景観に配慮したまちづくりの推進) 日本一子育てしやすいまち(出産支援事業、あかちゃん天国など) 生涯躍動「70歳就労社会」の実現(無料職業紹介所、高齢者雇用促進支援事業など) 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22m3使用した場合の月額) 3,898円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 2,764円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 2,030円

ごみ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
粗大ごみ収集 あり

安心・安全

ハザード・防災マップ 中央区ハザード・防災マップはこちら

育児・健康

結婚・育児

子育て関連の独自の取り組み (1)出産支援祝品(妊婦に対して産婦人科への通院等の経済的負担を軽減し、健やかな出産に寄与するためタクシー利用券を支給)。(2)親と子のふれあいブックスタート(0歳児を対象に赤ちゃん向けの絵本が入ったブックスタートセットを配布[2018年8月~開始])。
乳幼児・子ども医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
入院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
公立保育所数 14ヶ所
0歳児保育を実施している公立保育所 14ヶ所
私立保育所数 38ヶ所
0歳児保育を実施している私立保育所 26ヶ所
保育所入所待機児童数 197人

教育

幼稚園 公立幼稚園数(国立を含む) 16園
私立幼稚園数 0園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 あり
小学校 小学校数 16校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 29.2人
中学校 中学校数 5校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 30.2人

健康・医療

一般病院総数 4ヶ所
一般診療所総数 554ヶ所
首都圏
提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。
最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。 (データ提供:生活ガイド.com