佐倉市

佐倉市は、東京圏40km、鉄道・高速道路で、1時間の距離に位置し、首都圏近郊の住宅都市として発展してきました。また、東関東自動車道も通過し、成田国際空港にも20分と交通の便もよく、印旛沼をはじめとする豊かな自然・佐倉城の城下町として栄えた歴史と文化も有しています。

【市区役所所在地】 〒285-8501 佐倉市海隣寺町97 TEL:043-484-1111
【公式ホームぺージURL】 http://www.city.sakura.lg.jp/

【総人口】 172,739人
【人口増減率(2005年/2010年)】 100.3%
【世帯数】 68,696世帯

【特産・名産物】 大和芋 落花生 味噌 トマト 佐倉産コシヒカリ「めしあがれ」 下総組紐 下総染 下総竹細工 銘酒(旭鶴、佐倉城) 蔵六餅(最中)
【主な祭り・行事】 佐倉フラワーフェスタ(佐倉城址のさくら、佐倉チューリップフェスタ、ローズフェスティバル、菖蒲まつり、風車のひまわりガーデン、佐倉コスモスフェスタ) 佐倉モノづくりFesta にわのわ まちのわ 佐倉花火フェスタ 佐倉の秋祭り 佐倉“江戸”時代まつり 佐倉朝日健康マラソン大会 サムライ散歩 佐倉城下町きもの散歩 佐倉七福神めぐり 佐倉草ぶえの丘五月祭 佐倉草ぶえの丘秋まつり 緑のまつり 上勝田の盆綱 臼井ふるさとにぎわいまつり くさのねフェス
【出身著名人】 長嶋茂雄 小出義雄 BUMP OF CHICKEN 藤木直人 AMEMIYA 荻野目洋子 佐藤優香
【市区独自の取り組み】 佐倉市民カレッジ・寿大学(高齢者教育事業)・しづ市民大学・コミュニティカレッジさくら 「佐倉学」の提唱(郷土の歴史、文化、自然、先覚者などを教材として、佐倉市についての理解を深めてもらう。公民館や、小中学校を通して、子どもから大人までを対象に実施) 市立美術館・音楽ホール(美術と音楽を身近に鑑賞できる施設がある) 小児初期急病診療所事業 地域まちづくり活動支援事業 健康さくら21

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22m3使用した場合の月額) 3,898円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 3,445円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 2,427円

ごみ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
粗大ごみ収集 あり

安心・安全

ハザード・防災マップ 佐倉市ハザード・防災マップはこちら

育児・健康

結婚・育児

子育て関連の独自の取り組み (1)おたふくかぜ予防接種費用の一部費用助成(1回まで、3,000円)。(2)小児初期急病診療所(365日運営。月~土19:00~翌朝6:00、休日9:00~17:00、19:00~翌朝6:00)。(3)産婦健康診査費用の助成(2回まで、1回5,000円)。(4)ママの心の相談事業(妊娠中若しくは、子育て中の女性の悩みに女性カウンセラーが相談にあたります)。
乳幼児・子ども医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担あり
所得制限 所得制限なし
入院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担あり
所得制限 所得制限なし
公立保育所数 7ヶ所
0歳児保育を実施している公立保育所 7ヶ所
私立保育所数 24ヶ所
0歳児保育を実施している私立保育所 24ヶ所
保育所入所待機児童数 29人

教育

幼稚園 公立幼稚園数(国立を含む) 3園
私立幼稚園数 9園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 あり
小学校 小学校数 23校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 24.3人
中学校 中学校数 11校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 27.4人

健康・医療

一般病院総数 6ヶ所
一般診療所総数 118ヶ所
首都圏
提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。
最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。 (データ提供:生活ガイド.com