新座市

新座市は、1970年11月1日に市制施行。現在16万人余りの人口を擁する首都圏の中堅都市です。都心から約25km圏に位置する典型的な東京のベッドタウンとして発展し、市の北端に東武東上線、南に西武池袋線、市の中央部北寄りにJR武蔵野線が走っています。

【市区役所所在地】 〒352-8623 新座市野火止1-1-1 TEL:048-477-1111
【公式ホームぺージURL】 https://www.city.niiza.lg.jp/

【総人口】 162,122人
【人口増減率(2005年/2010年)】 102.1%
【世帯数】 67,250世帯

【特産・名産物】 うどん ブドウ ニンジン ホウレンソウ サトイモ 新座ブランド認定品(清酒「野火止」、さつま芋焼酎「指月喝」、特別純米酒「こぶしの里」、爾比久良、にいざ囃子、栗ぜんざい最中、SATOKAGURA里神楽、にんじんうどん、ごぼううどん、たね坊のぬか床)
【主な祭り・行事】 平林寺半僧坊大祭 福祉フェスティバル 野火止用水ホタルの夕べ 大和田氷川神社夏まつり 大江戸新座祭り 新座市民まつり(市民体育祭、文化祭、産業フェスティバル、収穫祭、健康まつり) 公民館・コミセンまつり 睡足軒の森文化の祭典 カブトムシのナイトツアー 柳瀬川ふれあい祭り 国際交流デー
【出身著名人】 石田智子(陸上競技選手) 上江理都(声楽家) 今野浩喜(お笑いタレント) 坂本朱(声楽家) 三宅宏実(重量挙げ選手) 黄川田将也(俳優) 川島海荷(女優)
【市区独自の取り組み】 首都近郊ながら緑豊かで平林寺や野火止用水等の歴史的文化資産が多く残っている特性をいかし、「雑木林とせせらぎのあるまち新座」をテーマとして観光都市にいざづくりに取り組んでいる。遊歩道等の整備などを行っているほか、2015年度に新座ブランドの認定および手打ちうどん名人の認定を行った。また、観光親善大使8名やイメージキャラクター「ゾウキリン」を活用したPR活動を行っている。

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22m3使用した場合の月額) 3,898円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 2,322円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 1,609円

ごみ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
粗大ごみ収集 あり

安心・安全

ハザード・防災マップ 新座市ハザード・防災マップはこちら

育児・健康

結婚・育児

子育て関連の独自の取り組み 子育て支援ホームヘルパー派遣事業(出産直後の母親のうち家族で、親戚などからの家事援助が得られない方に対し、退院日を含めて30日以内でホームヘルパーを派遣して家事援助を行う)。
乳幼児・子ども医療費助成 通院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
入院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
公立保育所数 6ヶ所
0歳児保育を実施している公立保育所 6ヶ所
私立保育所数 27ヶ所
0歳児保育を実施している私立保育所 26ヶ所
保育所入所待機児童数 68人

教育

幼稚園 公立幼稚園数(国立を含む) 0園
私立幼稚園数 11園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
小学校 小学校数 17校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 29.1人
中学校 中学校数 8校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 32.9人

健康・医療

一般病院総数 6ヶ所
一般診療所総数 69ヶ所
首都圏
提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。
最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。 (データ提供:生活ガイド.com