朝霞市

朝霞市は、埼玉県南部、都心から20km圏内に位置し、武蔵野の面影が残る緑豊かな住宅都市です。市名は、この地にできた東京ゴルフ倶楽部名誉会長の朝香宮殿下にちなみ「朝霞」と称したのが始まりです。2017年に迎えた市制施行50周年を契機に、市の魅力をブランドタグライン「むさしのフロントあさか」に表現し、キャラクター「ぽぽたん」、PR映像「OKAERI」などによる様々なシティプロモーションを展開しています。

【市区役所所在地】 〒351-8501 朝霞市本町1-1-1 TEL:048-463-1111
【公式ホームぺージURL】 https://www.city.asaka.lg.jp/

【総人口】 136,299人
【人口増減率(2005年/2010年)】 105.1%
【世帯数】 59,515世帯

【特産・名産物】 にんじん
【主な祭り・行事】 黒目川花まつり(春) 朝霞市民まつり「彩夏祭」(夏) 朝霞アートマルシェ(秋) 北朝霞どんぶり王選手権(冬)
【出身著名人】 尾崎豊(歌手) 本田美奈子.(ミュージカル女優) 土井杏南(陸上選手) 魔裟斗(元キックボクサー) 大栄翔(大相撲力士) 高橋理子(アーティスト) 中村晃(野球選手) 高橋峻希(サッカー選手) 田中みな実(タレント) 小林よしひさ(タレント) 金子淳(ピアニスト) 朝倉かすみ(小説家)
【市区独自の取り組み】 日本手話言語条例 健康づくり推進条例

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22m3使用した場合の月額) 3,898円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 2,268円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 1,134円

ごみ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
粗大ごみ収集 あり

安心・安全

ハザード・防災マップ 朝霞市ハザード・防災マップはこちら

育児・健康

結婚・育児

子育て関連の独自の取り組み 保護者の疾病等の理由により、家庭における児童の養育が一時的に困難になった場合に、里親宅において原則1週間以内の養育をするショートステイ事業の実施。
乳幼児・子ども医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
入院 対象年齢 18歳3月末まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
公立保育所数 11ヶ所
0歳児保育を実施している公立保育所 6ヶ所
私立保育所数 29ヶ所
0歳児保育を実施している私立保育所 26ヶ所
保育所入所待機児童数 44人

教育

幼稚園 公立幼稚園数(国立を含む) 0園
私立幼稚園数 8園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
小学校 小学校数 10校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 31.6人
中学校 中学校数 5校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 35.0人

健康・医療

一般病院総数 3ヶ所
一般診療所総数 73ヶ所
首都圏
提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。
最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。 (データ提供:生活ガイド.com