札幌駅周辺の地域・イベント情報

札幌駅の情報

札幌駅

札幌市、及び、北海道の中心駅。JR
北海道最大の拠点駅であり、道内各
地とを結ぶ特急列車や、北海道の空
の玄関口である新千歳空港とを結ぶ
快速「エアポート」、地下鉄南北線
・東豊線も直結しており、札幌近郊
の通勤・通学輸送を担う普通列車な
→続きを見る

本日のオススメショップ

札幌ユキテラス

今回は札幌の冬の風物詩の雪まつりと
同じ時期に開催される「さっぽろユキ
テラス」に行ってきました。

今年で6回目を迎える「さっぽろユキ
→続きを見る

最新の記事一覧・「地域情報」

札幌ユキテラス

札幌ユキテラス

今回は札幌の冬の風物詩の雪まつりと同じ時期に開催される「さっぽろユキテラス」に行ってきました。

今年で6回目を迎える「さっぽろユキテラス」は、札幌の都心に憩いとにぎわいを創出している「札幌市北3条広場“アカプラ”」を舞台に、雪と光をモチーフにして札幌の冬の魅力を発信するプロジェクトです。

札幌の冬の寒さはとても厳しく、降り積もる雪は時に厄介者として扱われることもありますが、見方を変えると雪は美しく、札幌ならではの特徴と言える大切な資源です。「さっぽろユキテラス」は、その資源をアーティストの創造力で魅力的に演出し、この冬この場にしか生まれないサイトスペシフィックな体験を提案するイベントです。
当イベントでは2つのゾーンで雪を楽しむことができます。
「鑑賞ゾーン」では、建築家がデザインした雪の美術館「スノーミュージアム」の中に国内外で活躍するアーティストの作品を展示。外壁面でも映像プログラムを上映します。さらに「体験ゾーン」では雪の中での飲食や、スノーボード、テントを張っての焚き火ストーブなど、都会の中でアウトドア体験ができます。
また昨年に引き続き「さっぽろウインターチェンジ2020」、「さっぽろ垂氷まつり2020」と連携して、札幌の冬を盛り上げていきます。
雪と光が創り出す幻想的な景色は圧巻の一言でした。
来年も開催されると思いますので、皆様ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

(会期)2020年2月2日(日)~2月9日(日)
(時間)12:00~20:00 ※映像プログラムは17:00まで
(会場)札幌市北3条広場“アカプラ”

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

オホーツクフェア2020

オホーツクフェア2020

2020年1月22日・23日の2日間で開催されていた、「オホーツクフェア2020」に行ってきました。
札幌から大通りに繋がる地下歩行空間「チカホ」の北3条西広場にて行われていたこともあり、たくさんのお客様が興味津々と立ち寄っていました。

オホーツク各地域の食と観光が一体となったイベントで、オホーツクの魅力がたくさん味わえるイベントでした。
農畜水産加工品やスイーツなどオホーツクの特産品がブースで販売されていたり、各種体験やミニライブなどステージイベントも行われていました。
特に驚いたのは本物の流氷を見たり触れたりできるイベントまであり、貴重な機会でしたので私も実際に触れて体験してきました。

こちらのイベントは大人気のイベントで、東京でも2月1日、2日で開催されるほどのイベントだそうです。
こういった北海道の魅力を道内はもちろん、全国までに発信していくイベントは道民としても嬉しいことです。
今回私も初めて足を運んでみて、美味しそうな特産品がたくさんありオホーツクの魅力を改めて知ることができました。
今回は既にイベントは終了しているので、次回の開催がありましたら皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

十三代目市川團十郎襲名記念市川海老蔵展

十三代目市川團十郎襲名記念市川海老蔵展

2020年1月4日から1月15日まで札幌大丸にて開催されていた、『十三代目市川團十郎白猿襲名記念 市川海老蔵展』に行ってきました。
今回のイベントは、2019年8月の日本橋高島屋を皮切りに大阪・横浜・京都・名古屋にて行われております。

イベントの内容としては、2020年5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名する市川海老蔵氏の覚悟や家族に対する愛情などをパネルや映像、インタビューから感じる事ができ、また有名な舞台の衣装を間近で見られるようになっております。

私自身、歌舞伎には若干なりとも興味はあったものの、なかなか手を出せずにいましたが、今回のイベントに行ったことで歌舞伎の歴史や世襲の流れ・具体的な用語・衣装や小道具等を知れ、実際の講演に行ってみたくなりました。

歌舞伎も今まで通りではなく、新しいことにチャレンジしていかなければならない、と海老蔵氏がインタビュー内で話しておりましたが、昨今のスターウォーズ歌舞伎のような今まで見た事のないような舞台にもどんどん挑戦して頂いて若い世代にも発信していって欲しいと思いました。

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

MARVEL&STAR WARS

MARVEL&STAR WARS

こんにちは!札幌駅南口店 店長の伊豆田(いずた)です。

映画・コミックで大人気の「MARVEL」の最新アイテムを多数取り揃えた「MARVEL POP UP STORE」が期間限定でオープンしていたので行って来ました!
映画好きの私としては大興奮で、たくさん雑貨を買ってしまいました!
入口にスパイダーマンとアイアンマンのフィギュアがあったので、記念にパシャリ!

ファッションアイコンとしても注目のロゴデザインをはじめ「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」などの人気マーベルヒーローの新作アイテムがありました。

また「スター・ウォーズ」シリーズ完結編、映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の公開に先駆け、新作映画関連グッズをはじめ、歴代「スター・ウォーズ」関連グッズを集めた「STAR WARS POP UP STORE」も開催しておりました。

開催期間中はたくさんのお客さんが来ており、ショップは大盛況の様子でした。
また次回の開催を楽しみにしていたいと思います。

大丸札幌店では、定期的に様々なイベントをやっておりますので、随時記事にしたいと思います!

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

鋼の錬金術師展 札幌開催

鋼の錬金術師展 札幌開催


JRタワーのプラニスホールで行っている『鋼の錬金術師展 FINAL』に行ってまいりました。
札幌では11月10日から12月1日にかけて行われていますが、2017年9月に東京で始まってから今回の札幌会場がフィナーレのようで最終展を記念した新企画も展開されていたようです。

札幌ではFINAL開催を記念して特別に書き下ろされた新作色紙が登場していました。
入場記念でも「新作4コマ漫画」ブックマーカーがプレゼントされるのですが通常は曜日別の漫画が描かれた1枚のところ、FINAL会場専用ではもう1枚と札幌だけの大盤振る舞いでした。

会場入り口にはいきなりエドワードエルリックのフィギア!! かなり大きくて迫力があります!!会場では写真撮影NGでしたが懐かしいシーン満載の原画の数々!! ハガレンファンにはたまりません。

12月1日までやっているようなので、まだの方はおすすめです!!

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

偕楽園跡

偕楽園跡

偕楽園とは、明治4年(1871年)開拓使によって造られた日本で初めての都市公園です。
園内には農業などの試験場も造られ、産業育成の中心地でもありました。
日本には、さらに古い由来を持つ公園も多くあるが、それは旧来の名勝名跡を『公園』と改めたものであり、
意図して無から造成した都市公園としては、この偕楽園が日本最古となります。

この偕楽園は公園という言葉から連想される「憩いの場」よりも、むしろ産業振興に重きをおいており、
各種の施設が造成されていたそうです。

北海道札幌市 北区
地図情報はこちら
Reported by 北18条店

さっぽろ菊まつり

さっぽろ菊まつり

今回は2019年11月1日(金)~11月3日(日)まで開催しておりました、『2019さっぽろ菊まつり』に参加して参りましたので、ご紹介させて頂きます。

当イベントは昭和38年より開催されており、長年愛されているイベントです。

開催場所は、市営地下鉄さっぽろ駅~大通駅までを結ぶ札幌駅前通地下歩行空間(略称チカホ)・一部さっぽろ地下街オーロラタウン内にて行われ、多くの参加者で賑わっていました。

メインイベントは、農林水産大臣賞・総務大臣賞・国土交通大臣賞・環境大臣賞の4大臣賞と北海道知事賞・札幌市長賞を含めた主要6部門の表彰・その他の出品作品も併せた展示となっております。
ひとつに菊といっても様々な種類があり、大菊・小菊・厚物・ドーム菊・スプレー菊・管物等と分類されます。仕立て方にも1本仕立・3本仕立・盆栽仕立・懸崖仕立・だるま仕立・福助仕立等多くあります。
それら各々の菊が展示されているさまは、実に壮観で今まで抱いていた菊のイメージが変わる程でした。
その他に特設ステージにて札幌文化団体協議会主催の文化芸能ステージ(フラダンス・日本舞踊・バトントワリング・和太鼓・ヒップホップジャズダンス)も併せて行われています。
展示の菊の切り花のプレゼントは先着の為、多くの参加者が列をなしておりました。

毎年11月初旬に行われておりますので、ご興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店

清華亭

清華亭

お店がある札幌市北区の歴史についてです。
今回は明治の気品あふれる和洋折衷デザインで、今も同じ一角に建つ130年前の貴賓接待所である
「清華亭」についてご紹介します。
1880年明治天皇の北海道行幸(ぎょうこう)の際の休憩所として建築されました。
開拓時代の代表的な建築物の中で、よく知られている時計台などは移築されているのに対して
清華亭は現在も建築時と同じ場所にあります。
現在は、札幌市の有形文化財に指定されており、建物の中は自由に見学可能です。
お近くに来た際は是非立ち寄って見てください。

北海道札幌市 北区北七条西7丁目
地図情報はこちら
Reported by 北18条店

北区歴史と文化の八十八選 文学と学問の道

北区歴史と文化の八十八選 文学と学問の道

こんにちは!
第三弾となりましたのがこちら!『朔風』(さくふう)です。
厳しい北海道の北風に向かいながら、たくましく前進を続けるエネルギーと、くじけることを知らない強固な勇気と気迫を表現した作品です。
この作品は、北海道を中心に活躍した彫刻家・本田明二氏が昭和55年(1980年)建立に作ったブロンズ像です。

北海道札幌市 北区北六条西自治労会館横
地図情報はこちら
Reported by 北18条店

みんなでつくる町のお祭「さっぽろ八月祭」

みんなでつくる町のお祭「さっぽろ八月祭」

今年で5回目の開催となる、札幌駅前通地区に生まれたお祭り「さっぽろ八月祭」へ行ってきました!
2018年の開催では、2日間にわたり延べ25000人の来場があり近年は大変人気のお祭りです!
会場を埋め尽くす来場者数となっており、年々盛り上がってきています!

お祭り中には『北3条広場で盆踊り』が開催され、オリジナル音頭「さっぽろ八月祭音頭」をはじめとした様々な盆踊りを皆さまで楽しむことができるイベントです!
「さっぽろ八月祭盆踊り隊(愛称:ぼんどりん)」と共に、「さっぽろ八月祭スペシャルビッグバンド」による迫力の生演奏をバックに唄って・踊って・くつろいで、私も踊りの輪にまじって楽しんできました♪
他にも大好評の「餅まき」や「にぎわい縁日」など、八月祭ならではの趣向を凝らしたプログラムも催されています!

また、会場のアカプラ一面に敷き詰められる大風呂敷は、市民の皆さんから寄付された布を「大風呂敷サポーター」の手により縫い合わせられています。八月祭のシンボルとなっている大風呂敷ですが、毎年サポーター皆さんの手により破れなどの修復を行ない会場で使用されています!色とりどりの風呂敷は祭り全体を華やかに彩ってくれていますので一見の価値ありです!

夏の暑さも吹き飛ぶような、来場者全員でひとつになれるとても楽しいお祭りでした!

北海道札幌市 中央区
地図情報はこちら
Reported by 札幌駅南口店
 10件中 1~10件を表示  1    
このページを共有する